馬プラセンタと豚プラセンタの違いを検証!

 

プラセンタサプリの成分を見ていると、豚プラセンタと馬プラセンタという表記をよく見かけると思います。
これらには、どんな違いがあるのでしょうか。調べてみました。

 

馬プラセンタについて

馬由来のプラセンタの特徴は、アミノ酸が多く含まれていることです。
特に、豚プラセンタにはない必須アミノ酸が6種類含まれています。

 

アミノ酸は体内にあるものですが、エネルギーの材料になったり、臓器や皮膚を健康に保つために必要な成分です。
アミノ酸単体でも美容効果が高いとされているので、美容の商品にも良く配合されています。

 

必須アミノ酸は、私たちの身体の中で作ることができないアミノ酸のことをいいます。
このため、食べ物から摂取するしか方法がありません。
この必須アミノ酸が6種類も含まれているという点で、馬プラセンタが豚プラセンタよりも高品質だといわれる理由になっているのでしょう。

 

 

豚プラセンタについて

一方豚由来のプラセンタは大量生産が可能で、比較的価格が安いというメリットがあります。
馬プラセンタに比べると、アミノ酸の量や成分そのものが異なります。
そのため、品質に関しては馬プラセンタの方に軍配が上がります。

 

しかし、必須アミノ酸以外のビタミンやたんぱく質、ミネラル、成長因子などは馬プラセンタ同様に含まれています。
最近では、SPF豚という厳格な管理のもとで育てられた豚もあります。
そのため、安全性が非常に高くなっています。
SPF豚は、一般的な豚と処理プロセスも異なるので、質の高いプラセンタが抽出できます。

 

 

それぞれにメリット、デメリットがある

 

馬プラセンタと豚プラセンタを比較してみました。
基本的に含まれている成分は同じようなものですが、成分的には馬プラセンタの方が勝っています
しかし、価格という面では、年に2回出産を行う豚の方が大量生産できるので、豚プラセンタはコストが安いというメリットがあります。
いずれにしても、自分の予算や目的に合わせて、選ぶことが大切ですね。

 

 

コスパの良いプラセンタサプリはTP200がおすすめ♪

Tp200プラセンタサプリの詳細はこちら