比較!TP200とTP200next馬プラセンタの違いは何?

TP200は2016年11月からTP200nextにバージョンアップしました。

 

どちらを買うか迷っている人は、簡単に比較したので参考にしてもらえればと思います。

 


TP200


Tp200next

価格

定期便初回:2500円
2回目から2700円
30日分(1粒30包)
定期便初回:2500円
2回目から2700円
30日分(1粒30包)

馬の産地

北海道産

ニュージーランドorオーストラリア産

成分

馬プラセンタ200mg
タンパク質量96.3%
透明カプセル
(二酸化チタン含む白カプセルから変更)

馬プラセンタ200mg
タンパク質量96.9%
透明カプセル

 

表を見ても分かるように、ほとんど違いはありません。

 

  • 馬の産地
  • たんぱく質量

 

の2点が違うのみになります。

 

馬の原産地の違い

TP200が北海道産

 

TP200nextはニュージーランド・オーストラリア産です。

 

TP200のウリは北海道産のサラブレッドという点でしたがTP200が予想以上に売れすぎたため確保が難しくなってしまったようです。
TP200nextではオーストラリアもしくはニュージーランドのサラブレッドが使われていますが産地による違いはほとんどないそうです

 

北海道産だと国内産で安全なイメージではありますが、オーストラリアやニュージーランドも厳重に検疫されていて世界トップの洗浄国になります。

 

成分の違い


どちらも馬プラセンタ200mgですが、TP200nextのたんぱく質量はTP200からさらに上がって

 

96.3%から96.6%

 

になっています。

 

TP200で安全性が心配だったカプセルもリニューアルして「二酸化チタン」の成分がなくなり、カプセルも透明でTP200nextと同じになりました。

 

TP200とTP200nextで実際に効果は違うの?

気になったので両方飲んでみました。

 

 

包装は「next」があるかないかだけでほとんど一緒です。

 

 

実際のカプセルも見た目の違いはわかりません。
一応匂いや飲み心地も試しましたが同じでした。

 

効果はそれぞれ1カ月ずつ試してみましたが違いを感じることはありませんでした。

 

ですのでどちらを選んでもいいと思いますが、

 

  • 北海道産のサラブレッドがいい人はTP200
  • たんぱく質量が少しでも多い人がいい人はTP200next

 

がいいと思います。

 

ただTP200はいつ新規受付を終了するか分からない状態なので、国産の馬プラセンタがいい人は早めに確認したほうがいいかもしれません。

 

Tp200の最安値ショップはこちら

 

関連記事